Litigators for Major Businesses

Japanese

創設パートナー略歴

齋藤 康弘

(企業訴訟、企業不祥事、ホワイトカラー犯罪弁護、企業米国顧問)

慶応義塾大学法学部法律学科卒(1989年)、St. John’s University Law School法務博士(1992年)。

ニューヨーク西部地区連邦裁判官補佐官(1992年から1994年)。通常は米国市民権保有者のみに許されるポジションだが、連邦裁判官からの働きかけで連邦裁判所事務局(ワシントンDC)による特例で任官。

ウォール街の老舗大手法律事務所(Carter Ledyard & Milburn; Hughes Hubbard & Reed)の訴訟部パートナーや訴訟プラクティス部門リーダーなどを歴任(1994年から2011年)。

企業訴訟と不祥事対応および企業米国顧問に特化したSaito Law Group法律事務所を設立(2011年より)。

90年代から現在に至るまで、それぞれ時代の象徴となった企業不祥事・企業訴訟案件を数多く手掛けてきた。これまで対応した不祥事案件は、山一証券、カネボウ、日興証券、アーサーアンダーセン、リーマンブラザーズ、オリンパス、等と多数。

日米の金融機関・商社・メーカーの顧問として、内部統制・コンプライアンス・規制遵守のアドバイスや、M&A等の重要コーポレート案件における代理経験も豊富。

取扱い案件例

(特記の無い限り、破綻当事者か関係当事者(監査法人や銀行等)の筆頭弁護士(Lead Counsel)・統括責任者として対応したもの。)

90年代: 不良債権と会計粉飾の多発
山一証券(4大証券の一角;破綻1997年)
ヤオハン(破綻1997年)
北海道拓殖銀行(都銀;破綻1998年)
日興証券(経営危機1999年)
ボイラールーム(ニューヨークの一連のブローカー会社における詐欺事件;破綻90年代中盤;「ウルフオブウォールストリート」や「ボイラールーム」で映画化)
プリンストン債(1999年ごろ)

2000年代: ネットバブル崩壊から金融危機とリーマン破綻
グローバル・クロッシング(世界通信大手;破産2002年)
アーサー・アンダーセン(世界5大会計事務所;解散2002年;一部の粉飾訴訟を担当)
足利銀行(大手地銀;破綻2003年)
カネボウ(上場廃止2005年)
中央青山(4大監査法人;解散2007年)
リーマン・ブラザーズ(破産2008年;リーマン管財人側の日本に対する責任者)

近年: リーマン以降;賄賂や独禁違反(クライエント名は開示せず)
海外賄賂(商社;司法省に数十億円の罰金)
米国内医療キックバック(医療機器メーカー;司法省に数百億円の罰金)
独禁違反
OFAC;輸出規制(商社、金融機関)
パラダイス文書、パナマ文書(金融機関)
CEO等による不祥事
銀行・商社・大手メーカー

(注:ビジネス企業訴訟案件、コーポレート顧問案件を含むリストは英語プロフィールを参照。)